.

自動車の【全損】とはその名称が示すように車の全部が故障してしまう状況で走行出来ないなど乗用車として役割を果たさなくなった場合に使いますが保険で言う『全損』は多からずちがった意味が込められていたりします。

車の保険の場合では車が壊れた場合には「全損と分損」などと2つの結果に分類され「分損」は修理費が補償金でおさまる状態を指し反対に〈全損〉とは修理の費用が保険金の額より高いことを言い表します。

一般的には、自動車の修理で《全損》と判断されると車の心臓となるエンジンに決定的なダメージが存在したり、車のフレームがねじれてしまって元に戻すことが難しい場合、リサイクルか廃棄と判断されるのが当然です。

けれども、自動車事故を起こしてディーラーや車の保険会社がこの修復のお金を予測した場合にどんだけ見た感じがきちんとしていて修復が可能である状況でも修復のお金が補償金よりも高くては何のために自動車保険にお金を払っているのか分からなくなってしまいます。

こういう場面では、『全損』と判断して車の所有権を自動車保険の会社へ引き渡して補償金を支払ってもらうシステムとなっています。

長い年月乗り続けたマイカーで愛情があり、自分のポケットマネーで修理して所持したいと考えるひとはけっこういらっしゃいますからケースによっては保険屋さんと話し合うといいのかもしれません。

なお、乗用車の保険の種類に応じてこういう場面のために特約等《全損》の時のために特約を設けているところが多く例え、車が《全損》なった際でも新しく車を買う等必要費用を一部負担してくれる時もあったりします。

なお盗まれた際の保険金の特約をつけているならば、被害にあった自動車がなくなったケースでも全損の扱いで、補償金が払われるシステムになります。