.

加盟店舗で全部の保有カードが使えるわけではありません。

▽クレカ会社の加盟店は多くの場合、ときには5を超えるカードサービスとライセンスを結んでいるんですが不便なことにみなのショップで全ての会社の所有クレジットカードが使えるわけではありません。

例をあげていうと古いタイプのショップの場合にはJCBのマークの書いてあるクレジットカードしか使用できない場合もあるし、今日の契約店舗だとビザとかマスターカードのマークの入っているクレカだけしか決済できない場面もあります。

ダイナースクラブカードみたいなクレジットカードの場合もっと使用不可な場所が増えると思います。

どのようなクレカが使えるかをどのように見分けるといいんだろう?「ならばいかなる方法でどのマークのクレカが使用できるかを見分けたらいいのか?」といっても確実に確かめるためにはそこの店員に見せてみるほかないていうのが実のところその回答です。

とはいえども多くの店やショッピングモールには加入店の分かりやすい部分に切れるクレカのマークがプリントされているステッカーが掲示されていることから「へーあそこのお店ではMasterCardが切れるのか」というのが困らないようになっているから確認していただきたい。

いっぽうで、ちゃんと加入管理が出来ていない加盟店で決済する場合には、ロゴステッカーが掲示されている場合でも「今はご使用のカードはお受けいたしかねます」という返答をもらう状況もあるわけで途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

やはりできる限りは全ての加盟店舗でカードが有効であるようにするためにも異種のブランド(欧米圏のブランド)が書かれている一般的なMasterCard、JCB、ダイナースカード、アメックス、等のカードを複数申し込んでおくようにするとよいでしょう(例:VISAカードを使っているならもう一枚はディスカバーカード付帯のカードを携帯するようにする等)。

特に国内においては、VISA、マスターカード、JCBの3つのカード会社が入ったクレジットカードを常に持っておけば、よほどのことがない限り日本各地のカード決済可能店舗で少なくとも1枚のクレジットカードを使うよう準備万端というわけです。

カードを使用して効率的にカードライフを目標とするのであれば、しっかりとそれぞれのクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。