.

受け取った利用レシート所持義務はあるか。解答をまずお伝えするととっておく義務は特段ない。個々人で保存することによって個人が会計した痕跡を保管したいという場合には残しておけばよいのですし、反対に言うとそれらの証跡は必要でないという場合には残す理由はない。しかしながら定期的に送られる使用履歴との確認作業段階には必ず上述のレシートが不可欠。明細をそこまでは最低限保管しておかないと、どこでいつどのくらいの金額を使ったかということについてわからなくなることだけに限らず、間違えた請求・ダブった請求がないかの照合作業もすることができないから危険です。カードを利用した履歴は利用レシートを保存していない限りは記憶しておくことはできないはずです。短くても使用履歴が届く前後はレシートを保管するようにして頂きたい。クレジットの明細レシート廃棄法:クレカの明細レシート処分の方法はとにかく単純です。第三者に悪用されないよう、バラバラにちぎって捨てるだけで大丈夫なのである自家用裁断機が自宅に置いてある際には用心のために使うほうが良いでしょう。カードの利用内容を証明する利用レシートであるがゆえ、クレジットカード番号等個人情報について特定できるデータが書いてあるのです。ゴミ同然の明細レシートと軽視せず処分は慎重に行なったほうがよいでしょう。一方で、近頃は犯罪防止の意味でレシートにカードNoなどの機密情報が表記されない利用レシートも出てはいるが信じ過ぎることは禁物です。