.

一般にはクレカの上限額が所有者がいつも利用する以上より多く決められているとユーザーは大丈夫だと誤解し、無駄にクレジットカードを使用してしまったりする傾向があるようです。そういったカードでの買い物のしすぎを減らすようにクレカの最高額をできれば減らし気味にしておこうということが、これから申し上げる本文の主旨です。月の利用限度額をコントロールする方法〇クレジットカードの利用限度額を減らしておくとは月の限度額の引き上げ方法といっしょで大変単純です。お手元のカードの裏面に記載されている番号にかけて「月の限度額を引き下げたいんですが・・・」ということを担当者に対して言うだけです。一般的には今の限度額に比べて少なければこれといった調査なしでそのまま変更が終わります。月の利用限度額をセーブしておくのは自分を守ることへと繋がる…カードの利用限度額のコントロールは自分をセーブできるというような効果以外に防犯にもなります。もしも、クレカが紛失等により知らない間に使用される問題が発生しても、クレジットカードの月の限度額をきつくしておくようにすれば実害をなるべく避けることもできるからです。覚えておいてほしいのは、クレジットカードが知らない間に使用されることになったような場合でもクレカの使用者に過失がない場合は盗難保険という名前の保険が利用者を保護してくれるので心配はないわけですがもしもの時のことを想定して普段必要ないような限度額は減らしておくなら安心でしょう。不必要な利用限度額は良いとは言えないことにすぎません。